2018年1月30日火曜日

ブラック自営業、始めました。

こんにちは、高橋久美です。

昨日の17時15分までは派遣で働きながら
黒澤全の手伝いなどをしていましたが、
2月から黒澤全の付人モードとなります!

改めまして皆さん、よろしくお願いします。

一応、明日までは派遣の契約は残っているものの、
有給休暇を消化のためお休みのため
今日からスタートしています。

付人といっても、ブログを書いたり
お問合せの対応をしたりと、
自宅での業務がほとんどになりそうです。

今朝は7時にパソコンを開いてみたら、
既に師匠からメッセンジャーで指令が来てました。


“おはようございます(^^)
今日からよろしくお願いします!

これから何かあったら緊急で
電話することもあると思うので、
5時までには起きてなるべく電話に
出られるようにしておいてください。”


ひぇっ、遅かった!

5時にスタンバイということは…
4時起き必須!!

ブラック企業よりヤバそうな予感です。


午前中はGLOBOのブログを一本更新して
細かい雑用をやり、午後からは歯医者へ。

ずっと抜いたほうが良いと思いながら
後回しにしていた親不知の抜歯にトライです!

黒澤先生がセミナーとか音声で何回も言うことの1つに、
「後回しにしない」というのがあります。

虫歯の親不知を取っ払い、
身も心もスッキリして付人になるために、
怖いけど、抜く決心をしました。

私は親不知を抜くのが今回始めてで、
血が止まらないとか腫れるとか聞いていたので
めちゃくちゃビビってたんです。

この日のために、痛くなくスポッと抜ける
イメージングを繰り返し、
夕飯が食べられなくても良いように
たらふくお昼を食べて臨みました。


「すごい音がすると思うんだけど、
耳が近いから聞こえるだけで
歯医者には聞こえないんだよ〜」
と歯医者の先生。

手鏡でガン見していると、
(私は注射や採血もこわごわ見る派です)
おっきなヤットコみたいなので
歯を挟んで、てこの原理でぐいっ。

バキッ!

「あー、割れちゃった。
虫歯でボロボロだから、
このやり方じゃだめだなあ」

別のちょっと細い器具を持ってきて、
ぐりぐり。

確かにメキメキってすごい音です。

また、ヤットコでぐいっ。

「はい抜けた―、血が止まるまで
ガーゼ噛んでてね」

抜くか抜かないかで何年も悩んだのに、
抜くと决めたら5分もかからず、
あっさり抜けました。
麻酔なので痛くもなかった!

見せてもらった親不知は、
外に出ていた部分がまるで蜂の巣のように
虫歯で真っ黒スカスカ。

こんなものを後生大事に生やしてたのか。

残り3本も、サッサと
抜いてしまおうと思いました。


虫歯は目に見えるものですが、
きっと心の中にも
「本当は手放した方が良いもの」
がまだまだあるような気がします。

直視するのも、取り出すのも怖い。

でも、放っておけばどんどん悪くなって、
どす黒い膿を撒き散らしてしまうもの。

直視して、向き合ってみれば、
「なんだ、こんなもんか」で済むぐらい
かもしれません。




0 件のコメント:

コメントを投稿