2018年2月1日木曜日

隠し剣、暴走する!

こんにちは、高橋久美です。

今日は、朝からメンター黒澤全先生の
電話を2回も取り損なう凡ミス。
ひぇっ!!

きのう出かけたときにマナーモード
入れっぱなしでした!すいません!

黒澤先生といえば、
本音をズバッと言ってバッサリぶった切る
通称「日本刀」が受講生の間では
恐れられています。

だんだん評判を聞いた方が最初から
「お願いします!どうぞ切ってください!」
っ来ることもあるそうです。

でも、そういうときは逆に
優しく褒めて「切ってあげない」そうな。
ドSですなあ。

電話の件は「次から気をつけてください(^^)」
と笑って許してもらえました。ホッ…。


弟子の私は全然そんなドSじゃないですし、
「ほんわかしてますねー」と言われます。

が! たまに意図せず懐刀が暴走し、
人に大ダメージを与えてしまうことがあります。

先日、師匠の講座の懇親会で
受講生仲間と飲んでいたときのことです。

修行の一環でブログを頑張っているAさんから、
文章の書き方を相談されました。

「ブログの文章がどうしても
伝わらなくてもどかしいんです!」

どれどれ、とブログを読んでみて、

「あー。原因は2つありますね。
基本的な国語力がないのと、
人の立場で物が見えてないことです」

と、率直にお伝えしたところ、
予想外にグサッと急所をついてしまったようです。

ゆってる私が人の立場で物を見れてなくてひどい!


一緒にGLOBOのブログを書いてるライターの
カリーネさん(ペンネームです)にも、
僭越ながらアドバイスすることがあります。

「こここうした方がいいかもです」などと、
ほんのちょっと言ったつもりなのに…

「そんなことになってたなんて、
すみません。書き直します!!」
と返ってくるほどに、
グサリと刺さってしまいます。

どうも言い方がキツイのか、
ストレートに言ってしまうのか。

見た目に似合わず、実は殺傷能力の高い
"隠し剣"を持ってます。


黒澤先生の分析によると、
みんな、「黒澤からは切られるものだ」と
構えているのでダメージが少ないけれど、
高橋がまさか攻撃してくると思わないので
不意を突かれるのではないか、とのこと。

あと、黒澤日本刀はバッサリなようで
ちゃんと相手のエネルギーを見ながら手加減して、
急所も外しているらしいです。

これから黒澤先生の面談を受ける方は
安心して切られてくださいね!

私もちゃんとコントロールできるように
修行しようっと…。


ちなみに高橋が音声セミナーやイベントで
「ほんわかキャラ」と思われているフシがありますが、
あれは完全に演技ですよ。(←グサリ!)

収録前に
「前回どんなキャラでしたっけ?」
とかやってます(笑)。

イメージを崩してしまったら、ごめんなさい!

「演じる」のがそもそもの私の本質なので、
どのキャラが素なのかって言われても
最早わかんないんですよね。

イベントでお会いする方は、
高橋のキャラ崩壊もどうぞお楽しみ下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿