2018年2月24日土曜日

健康で文化的な最高限度の生活の作り方

こんばんは。高橋久美です。

去年の離島合宿でのワークで、
「理想の自分の1日」の習慣を作るというのがありました。

いろんな願望をもう全部叶えてる自分なら、
どんな生活をしているか考えて、
それを今からやってしまおうというもの。

何時に起きて、何となにをする、のように
習慣化したいものを決めます。

そして、もしもできなかったら罰ゲームあり!

そのぐらい一本道にして自分を追い込んだほうが
成長が早いんだそうです。


私は最初「絶対に続かないので、やりたくありません」
と断固拒否していました。

でも受講メンバーが皆やるというので、
置いて行かれたくない一心でやることにしました。
罰ゲームはちょっとぬるめで、
「できなかったら次の日1日断食」としました。

結果、初日からいきなり寝坊して達成できず、
次の日はごはん抜きでした。

私の場合、どうも罰ゲームを設定すると気にしすぎて
「できない」方を引き寄せてしまうようです。

何回か断食して、これはちょっと無理だと
ギブアップしました(笑)

よく音声に出てくる西村さんとか
他の皆はちゃんとやってるんですけど、
私は罰ゲームナシの努力目標ということで
習慣だけは続けています。


感覚で「ここの順番はこうした方がいいなあ」とか
改善を重ね、現在はバージョン5.0です。

私の理想の一日は…

4:00 起床→歯磨き→呼び水→祈りと瞑想→鼻うがい→掃除

5:00 デイリーシフトを聞く

5:15〜各種作業
・GLOBO 5000字×4本 以上
・付人ブログの更新、他

21:30〜黒澤先生に報告→感謝と達成ノート→エネルギー日記→浄化風呂→アルメソ→水想観

22時には就寝!!


なのですが、何回かだけできて、
あと崩れてしまいました。

目が覚めて5時とかになっちゃうと、
「あ~、もう、今日ダメな日のやつだわ」
ってテンション下がっちゃうんですよね。

そして、いろんな習慣も面倒くさくなってサボり、
さらに次の日に悪影響が残るという負のループに。

どうやったら立て直せるかなって、
いづも試行錯誤して気づいたことがあります。

それは…
出来なかった分を挽回しようとすると上手く行きません。

何ヶ月もためた進研ゼミぐらい不可能です(笑)

とりあえず過去は忘れて、
今、この瞬間を精一杯やる方が、
ずっとエネルギーが上がるんですよね。


あと、やっぱりある程度のプレッシャーは必要です。

なにが丁度いいかは性格にもよると思うんですけど、
私の場合は「皆に期待されてる…」っていうのが効きます。

ここの付人ブログに関しては、
黒澤先生が勝手に「毎日更新です」ってインフォメしちゃったので、
やばい、皆が待ってる…!って思って、
毎日更新できてるという裏事情がありました。

GLOBOも、まだ見ぬ未来の誰かが待ってると思って、
自分を追い込んで、明日は理想の一日にしましょう…じゃなかった、
今日、この後から今できることをやりきろう。

みなさんにも、「今をやりきる」マインドおすすめです。

では、また。


0 件のコメント:

コメントを投稿