2018年2月25日日曜日

黒澤全と、自分の中に見つける真実

高橋久美です。

ちょっとびっくりするんですけど、ときどき「黒澤先生って信じて大丈夫ですか?」みたいな相談を私の方にいただくことがあります。

弟子に聞いたところで客観的な意見なのかどうか怪しいような気もするのですが(笑)

なんでも、「高橋さんって素人っぽくて、テクニックとか使わず本音を言ってくれそう」に見えるそうです。

喜んでよいのでしょうか…???


しかし、私に聞かれましても、黒澤先生から言われたことを受け売りで答えてます。


「黒澤全の言うことは、盲信しないでください」と。


これは、セミナーとか、メールマガジンとかで本人が言ってることです。

あ、もちろん、嘘を教えてるとかじゃないですし、私としては、教えとか弟子だからとかを抜きにして、個人として100%信頼してます。

でも、盲信して依存したら意味がなくなっちゃうんですよね。


黒澤先生は色々な智慧を教えてくれるのですが、「ははーっ、黒澤様、わかりましたー!」みたいに言葉をそのまま記憶するだけだと何にもならないということです。(そんな人はいないと思いますけど)

黒澤全がしゃべる言葉そのものにあんまり意味はなくて、それを聞いた人が自分で経験して気づいて自分の中に真実を見つけるのが大事なんです。


たとえば、メルマガ『デイリーシフト』の1通目で、「未来の自分と繋がる方法」っていうのが登場しますが、それを、素直にそのまま信じちゃダメです。

黒澤全の言う「未来」ってどういう意味なんだろう?
「繋がる」ってどういう感覚なんだろう?

そんなふうに自分でやってみて、体験・体感してはじめて、なるほどこういうことか、って理解できるわけです。

なので、まずは無料のメールマガジンとか音声とかで黒澤全が何を言ってるのかを聞いてみていただいて、その内容が本当かは自分で確認していただければと思います。

それで、信じてもいいし、信じなくてもオッケーです。


今だから書けますが、私も最初の半年ぐらいは、心のどこかで黒澤先生を疑ってました。

ブログとかを読んで、言ってることは間違いなさそう。

セミナーで実際に姿を見て、雰囲気もちゃんとしてそう。

対面で相談しても、すごく親身になってくれる。


でも、まだどこかで先生を試そうとしていました。

教わった通りに色々チャレンジしてみて、見事に全部失敗してったんです。


ほら、やっぱりダメだったじゃないですか。
どうせ黒澤先生も私がお金なくなって使い物にならなくなったら、見捨てるんでしょう?
前のスピリチュアルの先生みたいに。


っていう、高橋の捨て身のアピールだったんですね。

今思うとただのバンパイアなんですが、自覚はありませんでした。ごめんなさい。


しかし黒澤先生は期待に答えず、見捨ててくれませんでした。

「今どんなにひどくても、上を向いてる人を絶対に見捨てません」って言われて、脱落できなかったんです。

まるで『SLAM DUNK』の安西先生が「あきらめたらそこで試合終了ですよ」って三井寿を奮い立たせたように。

その一件があってから、だいぶ素直になれたような気がします。


というわけで、黒澤先生は個人的に良い人だと思うんですけど、『言葉』はそのまま盲信するんじゃなしに、自分で行動して確認するのがいいですよっていう話でした。

では、また!

4 件のコメント:

  1. ”自分の中に真実を見つける”これってすごく大切なことですよね!

    私もつい最近までは、本、教材、先生の教えは全てが正しいというように
    思い込んでいました。しかし、ある方に、私が実践して気づいたことや経験の方が、何十倍も何百倍も価値があるということを教えて頂いたおかげで、間違いに気がつく事が出来ました。

    おかげで、今では、実践することや自分の頭で考えることの重要性に気がつけるようになりました。

    けれど、それに気がつく前の私は、ろくに自分の頭で考えもせずに、
    この知識(考え方)は〇〇先生が仰ってるんだから間違いない。というように盲信して、行動もしていないのに、まるで、自分が見つけた答えであるかのようにドヤ顔で、ふんぞり返っていました。本当に痛すぎますね(笑)

    でも、それだと実は本当の意味では理解出来ていなくて、わかったつもりに
    なっていたことに気がつきました。数学の問題で例えると、同じ問題集を何度も解いて答えだけ丸暗記して知ってるけど、解法がごっそり抜け落ちてしまって
    いる状態に近いかもしれないです。

    教わった内容そのままでは、価値は生まれないんですよね。
    大切なのは、それをいかにして自分の現実に繋げていくのか?
    活用できないか自分なりに考えて、実践して初めて教わった事の価値が
    自分の中で輝き始めると言いますか・・・

    なんだか、まとまりがないコメントになってしまいましたが、自分で行動する
    ことの重要性(価値)を改めて再認識することが出来ました。

    毎日、素晴らしい記事を書いて下さいましてありがとうございます。
    大変ためになるお話ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. 相沢さん、コメントありがとうございます。

      それはすごい発見ですね! あと、どことなく文面から感じる雰囲気が以前より明るくなってますね(^^)

      そして、比喩表現が秀逸です。

      >数学の問題で例えると、同じ問題集を何度も解いて答えだけ丸暗記して知ってるけど、解法がごっそり抜け落ちてしまって

      これ、ほんとその通りだと思います。

      削除
    2. 高橋さん、コメント返信ありがとうございます。

      はい。高橋さんもご存じの、とあるお方にお世話になってから
      ダメな部分が改善されてきたおかげだと思います。

      以前は、正しく学ぶということが出来ていませんでした。
      しかし、今は、少しずつではあるのですが、学ぶってこういう
      ことなのかぁーっていう実感を得ながら前に進む事が出来ています。

      高橋さんの講座で教わっていた時の私は、正しい答えを
      教えてもらいたいとか、私の教わった知識の方が正しいなど
      独善的な考えに支配されていて、自分が勉強してきたことに対して盲目的になってしまっていました。

      それも、これも、自分には価値がないという自己肯定感の無さから
      知ってるから偉いんだぞ!っとふんぞり返らなければ、生きるのが辛すぎて、耐えられなかったんだと思います。

      しかし、今は、とある先生の元で偏りすぎた考え方や価値観を
      修正して頂いたお陰で、ダメな自分でもいいんだなということが分かってきました。

      大事なのは、これからどうなっていくのか
      と言うことが重要なんじゃないかな?っと思えるようになってから
      上から目線で見るクセが以前よりは柔らかくなったのかもしれません。

      削除
    3. 比喩表現を褒めて下さいましてありがとうございます。(^_^)
      感覚的には、そんなイメージがあったので、苦手ですが数学で例えてみました。(笑)

      うーん、なんでしょうね?

      今までの私の勉強は、教わった事を丸暗記するっていうのに近いのかも知れません。

      それで、得意げになってたら、応用問題が出題されて
      軽くパニクる(゚Д゚;)っていう状態でしたね。(笑)

      教えて下さった人も時間、労力、お金をかけて学んでこられた訳じゃないですか。それを少しだけ話を聞いて理解したつもりになっていた
      自分の愚かさと言ったら・・・本当にごめんなさいって感じです。

      やはり、行動するって本当に大事なんだなぁっと思います。

      高橋さんが教えて下さった、行動すること、考えることが文章を上達
      させる秘訣です。という教えは正しいものであると今では思っております。

      結局の所、私は、効率を求めすぎて、行動を積み重ねることの
      大切さを理解したつもりになっていたのかもしれません。

      そんな基本的な事ができていなかったのに、せっかく教えて頂いた答えに、悪態をついてしまって、本当にごめんなさい。

      高橋さんからは、私が気づいてなかっただけで重要な事を教わっていたのですね。数年経った今気がつきました。

      削除