2018年2月28日水曜日

Fさんは味噌の人。

おはようございます。高橋久美です。

先日、久々に街中に出かけていったので、
ついでに食料とかをいろいろ買い出ししてきました。

そう言えば味噌と醤油が切れそうだったなと思って、
スーパーの調味料コーナーに行き、
適当に安い味噌を手に取りました。

その瞬間、天から黒澤先生の声…
じゃなくて、
黒澤先生の講座の受講生のFさんの声が聞こえてきました。

_人人人人人人人人人人人_
> それは味噌じゃない <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

Fさんは、味噌ソムリエの先生をなさっていて、
味噌を語りだしたら止まらない、
味噌に人生をかけている方です。

この前のセミナーOriginsでは、
自分ブランドの味噌を出したいという話を熱く語られてました。

味噌を通してみんなに健康になって欲しいんです!
と声がひときわ大きくなるFさん。

栄養学とか、味噌に関することなら
何でも勉強しているそうです。

味噌作りを教えるのと違って、
販売するのには保健所の厚い壁があり
いまそれに苦労しているとのこと。


黒澤先生からFさんへのアドバイスは、
「味噌で健康に」っていう熱い思いを語り、
熱く行動し続けていれば、
絶対に仲間が見つかって道は開けますよ、
というようなことをおっしゃってました。

それから皆には、味噌の扱い方について。
菌が生きている味噌は、
使う人や置く場所によって味が変わるんだそうです。

人を家にお招きするように、
「味噌様」もちゃんと落ち着く定位置を决めてあげて、
大事に扱かってあげると美味しくなるらしい。


さらに、止まらないFさんからの補足。
市販の味噌は、菌が死んたり化学調味料が入ってたり、
とにかく良くないやつが多いんだそうです。

そのFさんの声が聞こえてきて、
私は一番安い味噌をそっと棚に戻し、
いちおう「無添加」って書いてある少し良いやつを買いました。

家に帰って、
置き場所もちゃんと拭いて清めてから、
「味噌様」を定位置にお連れしました。

気のせいかもしれませんが、
良い味噌のみそ汁はいつもより美味しかったです。


小松菜のみそ汁をすすりながら、もう1個、
セミナーで黒澤先生が言ってたことを思い出しました。

「味噌っていう形があるのは素晴らしいことですよ。
どんなに言葉を尽くしても伝わらないことが、
美味しいみそ汁を一杯飲ませたら伝わることがある」

みなさんにも、Fさんの味噌みたいな、
「媒介」となるものがきっとあると思います。

それぞれの仕事に心を込めて、
エネルギーを伝えていけたら素敵ですね。

今日も一日、熱く燃えていきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿