2018年3月13日火曜日

高い机を使っています。

おはようございます。高橋久美です。

きのう、黒澤先生から電話でいろいろ指示をいただいて、
「じゃあ、今日もよろしくお願いしまーす」
って切ろうとしたら、先生の方から…

「イスいりませんか?」とのオファーが。

なんでも、イスを買い換えようとして、
何個か試してイス難民になってたそうで、
合わないやつが2個ほど余ってるのだとか。

黒澤先生によると、
イスは寝具の次に接する時間が長く
優先して投資した方が良いものの1つ。

机とイスが合っていないと血流が悪くなって、
前かがみで呼吸も浅くなってしまうそうです。

今回勧めてもらったイス2種類は、
ちょっと予算の都合でパスしましたが、
高さだけでも調節しようと思い、
電話のあと速攻で調べてみました。


人間工学的にちょうど良い高さは…

===========
椅子の高さ=身長×0.25-1
机の高さ=身長×0.25-1+身長×0.183-1
差尺=座高(身長×0.55)÷3+2cm
===========

だそうです。差尺は椅子と机の高さの差のこと。


私の身長159cmで計算してみると…

椅子 40cm
机 66cm
差尺 31cm

うぇー?
計算が合わないんですが…どゆこと?!

ちなみに、パソコンのキーボードを使う時は
机は-1cm引く、ということなので、

理想の机は65cm、となりました。
椅子単体だと40cmですが、
パソコン作業の時は65-31=34cmぐらい
に調節すると良いってことでしょうか。


今使っている机と椅子の高さを
実際に計ってみると…

椅子 42cm
机 74cm←!
差尺  32cm

でした。机が高すぎィ!!

高さ調節できる机も売っているようですが、
ちょっと予算の都合ですぐには難しい…。
幸いにもイスはガスで高さ調節OKタイプです。

苦肉の咲くで、机から逆算して椅子の高さを上げ、
足が浮かないように足元に踏み台を置く、
ということで対策してみました。

主にパソコン作業なので、
差尺は1cm引いて30cmとします。

すると、椅子の高さは
74-32=42cm
となります。

すると、本来の高さから2cmほど足が浮くので、
ダンボールを折って2cmの高さにして、
踏み台を自作しました。


イスがやや高いような気がして微調整。
これは胴が長いってことでしょう(笑)

ちゃんとイスに深く腰掛けると、
今までにないフィット感・安定感があります。

あと、背筋が伸びるのでお腹に空気が入って
呼吸しやすいのも分かりました。

しばらく作業してても足が疲れません。
今まではすぐイスの上で正座したり
あぐらかいたりしちゃってたのですが、
普通に座っててすごい楽になりました!

これで、ますます集中して執筆作業に勤しみ、
より良い情報提供ができそうです。

というわけで、みなさんも
イスは良いのを使った方が良いですが、
せめて高さを合わせるだけでも相当違いますよ〜。

背筋を伸ばして元気に働きましょーう(^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿